ポルティモネンセがファブリシオの鹿島到着を正式発表。2017年元旦までの短期レンタルに

ポルトガル2部ポルティモネンセが、ブラジル人MFファブリシオの鹿島アントラーズへの移籍に関し、同選手が日本へ到着した旨を2枚の写真とともに発表した。

ポルティモネンセ公式HPによると、ファブリシオの契約は、2017年1月1日まで、約半年という短期のレンタル移籍となった。また、背番号は11番を背負うことを紹介した。

発表に際し、ポルティモネンセは2枚の写真を投稿。1枚目は、ポルティモネンセ時代のチームメイトであり親友の金崎夢生とファブリシオがピッチで並ぶ姿。2枚目は、ポルティモネンセのディレクターであるサンパイオ氏と、今季よりディレクターとなったジョゼ・アウグスト元監督、そして鹿島のディレクター鈴木満氏とファブリシオの4名が肩を組み並ぶ写真を紹介した。

金崎夢生の移籍に際し、鹿島とポルティモネンセの間に結ばれた深い絆は、ファブリシオと金崎の「親友再会」という結果をもたらした。今後も、両クラブ間で行われる選手の取引には、大いに期待したい。

以下、ポルティモネンセ公式Twitterのリンクより写真をご覧いただけます。

©FutePor -ふとぽる-