リバプール、欧州王者10番ジョアン・マリオに増額オファー4200万ユーロを用意か

『Record』

欧州王者ポルトガルの10番ジョアン・マリオの獲得へ、リバプールが増額オファーを検討している。

スポルティングは、すでにリバプールのオファーを一度拒否。しかし、『Sky Sports』によると、同選手を望むクロップ監督率いるレッズは、3500万ポンドすなわち4200万ユーロにまで増額したオファーを提示する用意ができているという。

それでも、スポルティングは違約金である6000万ユーロ以下の売却を認めておらず、リバプールとしては、増額してもなお獲得にこぎ着けるかどうかは疑問であろう。

スポルティングおよびポルトガル代表でのパフォーマンスから、すっかりこの夏の移籍市場の主役に躍り出たジョアン・マリオ。インテルやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドなど、錚々たる顔ぶれが繰り広げる争奪戦を制するのは、どのチームになるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-