日本がリオ五輪で戦うコロンビア代表OAの10番、スポルティングからレンタル移籍が決定

『Record』

スポルティングは土曜日、コロンビア人FWテオ・グティエレスが、アルゼンチンのロザリオ・セントラルへレンタル移籍することを発表した。80%の保有権買取オプションが付けられた今期末までのレンタル移籍となる。

グティエレスは、現在コロンビア代表のオーバーエイジメンバーとしてリオ五輪に参加中。10番を背負い、チームの大黒柱として活躍している。スウェーデンとの1戦目でも技ありゴールを決めるなど、2戦目で戦う日本代表も注意すべき危険なストライカーだ。

同選手の移籍により、頼れるセンターFWがエースのアルジェリア代表FWイスラム・スリマニだけとなったスポルティング。ジョルジ・ジェズス監督も同ポジションの補強を示唆するなど、来週に迫った新シーズンに向けて早急に新たなストライカーの獲得が必要となった。

©FutePor -ふとぽる-