パシエンシアの代表6戦連発・五輪2点目が決勝点。リオ五輪ポルトガル代表がベスト8進出!

『A BOLA』

ホンジュラスを2-1で下したポルトガルが、リオ五輪ベスト8進出を決めた。

初戦のアルゼンチン戦を2-0で勝利したポルトガル。この日のスタメンは1戦目と変わらず、GKブルーノ・バレーラ、DFトビアス・フィゲイレード、フェルナンド・フォンセッカ、エスガイオ、エトガル・イエー、MFトマス・ポドスタウスキー、セルジオ・オリベイラ、ブルーノ・フェルナンデス、アンドレ・マルティンス、FWゴンサロ・パシエンシア、サウバドール・アグラが名を連ねた。

開始早々、ホンジュラスに先制を許したポルトガルだったが、22分にトビアスが同点弾。36分には10番ブルーノ・フェルナンデスのアシストから9番ゴンサロ・パシエンシアが決勝ゴールを決めた。パシエンシアは、アルゼンチン戦の先制点からリオ五輪2戦連発。代表戦では6戦連続ゴールと、自身の株を急上昇させている。

ホンジュラスを下したことで、ポルトガルは勝ち点を6に積み上げ、見事ベスト8進出を決定。最終節のアルジェリア戦でGS全勝を目指す。

©FutePor -ふとぽる-