ベンフィカ優勝の裏で感動のドラマ。スーペルタッサで感涙の兄弟愛

『A BOLA』

昨15-16シーズンのリーグ王者ベンフィカとカップ王者ブラガが対戦した、新シーズンの開幕を告げる16-17スーペルタッサ。ベンフィカが圧倒的な強さを見せて3-0でブラガを下し、今季初タイトルの栄冠を獲得した舞台裏で、涙のドラマが繰り広げられた。

そんな感動劇を演じたのが、リカルド・オルタアンドレ・オルタの「オルタ」兄弟。兄のリカルドは、10番を背負ったリーガ・エスパニョーラのマラガから、今季母国のブラガへレンタル移籍。弟のアンドレは、兄もその名を知らしめたビトーリア・セトゥバルでの活躍を経て、今季19歳ながらベンフィカに加入した。

そしてこの日、ベンフィカ所属の弟アンドレはいきなりのスタメン出場。一方で、兄リカルドはベンチ入りすることはなかった。残念ながら兄弟対決とはならなかったものの、母国の強豪クラブ同士で、兄弟が初めてプロとして顔を合わせた。

試合後、弟アンドレが感極まってリカルドのもとへ。泣きながら兄の胸に抱きついた。リカルドは兄らしく、泣きわめく弟をその胸でなだめるなど、兄弟の愛情が垣間見える一幕であった。

©FutePor -ふとぽる-