アルジェリアとドローのポルトガルが、リオ五輪GS首位通過!決勝T1戦目はドイツと対戦

『zerozero.pt』

リオ五輪ポルトガル代表が、リオ五輪グループステージ(GS)最終節でアルジェリアと対戦。1-1の引き分けで1位通過を決定させた。

アルゼンチンとホンジュラスに勝利し、すでに決定トーナメント(決勝T)進出を決めていたポルトガル。この日はスタメンを6名入れ替えて臨んだ。(下記☆マーク)

GK
ブルーノ・バレーラ
DF
リカルド・エスガイオ
ティアゴ・イロリ☆
エドガルド・イエー
パウロ・エンリケ☆
MF
トマス・ポドスタウスキー
ピテー☆
ティアゴ・シウバ☆
フランシスコ・ラモス☆
FW
カルロス・マネー
ゴンサロ・パシエンシア

ポルトガルは25分、エースのゴンサロ・パシエンシアがPKを沈め先制。同選手はこれで代表7戦連発・リオ五輪3戦連発となり、グループステージの全試合でゴールを決めた。

しかし、直後30分に同点を許し、そのまま試合終了。勝ち点を7に積み上げ、グループD首位通過を決定させた。

なお、ポルトガルの対戦相手グループCの2位はドイツに決定。13日(土)現地時間13時にキックオフする。

©FutePor -ふとぽる-