ポルト初のアジア人ソクが僅か半年で移籍。トルコへのレンタル移籍が決定

『zerozero.pt』

トルコのトラブゾンスポルが、ポルトから韓国代表FWソク・ヒョンジョンをレンタル移籍で獲得したことを、クラブの公式Twitterで発表した。

昨季、ビトーリア・セトゥバルでのゴール量産が評価され、シーズン半ばにクラブ初のアジア人としてポルトに加入した25歳のソク。しかし、14試合で2ゴールとビッグクラブに相応しいパフォーマンスを発揮できず、退団が噂されていた。

移籍に際し、ソクの年棒は100万ユーロに決定。また、ポルトは同選手のレンタルで75万ユーロの儲けを得る。

ソクは現在、韓国代表のオーバーエイジとしてリオ五輪に参加中だが、大会後はポルトへ戻ることはなく、トルコへ活躍の場を移すこととなった。

©FutePor -ふとぽる-