ジョアン・マリオ、インテル移籍は「レンタル」が濃厚に。本日の開幕戦がラストマッチか

『A BOLA』

インテルへの移籍が濃厚と報道されるスポルティングMFジョアン・マリオ。交渉は順調に進み、月曜日にはミラノに到着するとの情報もある。

ただし、欧州王者ポルトガル代表の10番を背負う若きアタッカーのインテル移籍は、「レンタル」の形をとることが有力となったようだ。『A BOLA』によると、1年目は1000万ユーロでスポルティングからインテルに貸し出され、2年目に3500万ユーロの「買取義務」条項が付けられた契約となるようだ。加えて、500万ユーロと報道されているボーナスが含まれることから、前日に完全移籍濃厚と報道された際の移籍金5000万ユーロから変化はない。インテルがこのような複雑な契約形態を望む理由は、フィナンシャル・フェアプレーへの対策であるという。

インテル移籍が現実味を帯びてきたジョアン・マリオ。もし報道の通り月曜日にミラノ入りするのであれば、本日土曜日の16-17ポルトガルリーグ第1節、ホームで行われるスポルティング対マリティモ戦が、緑と白のユニフォームを着る最後の機会になるかもしれない。

©FutePor -ふとぽる-