ハートをベンチに置いたペップ。欧州王者GKの獲得が加速か

『A BOLA』

16-17プレミアリーグ開幕戦で、マンチェスター・シティ監督グアルディオラが、守護神ジョー・ハートをベンチに置いたことで、新たなGKの獲得の噂が加速している。

『Daily Record』によると、シティのゴールマウスを守る新守護神の最有力がスポルティングのポルトガル代表GKルイ・パトリシオであるようだ。グアルディオラは古巣バルセロナのテア・シュテーゲンにも関心を寄せているが、同選手の違約金は8000万ユーロ。4500万ユーロに設定されているパトリシオの方が安価で獲得でき、年俸も圧倒的に割安であるようだ。

シティは近いうちにスポルティングへパトリシオについて照会をかけると推測されている。同じくプレミアのエバートンも関心を寄せる欧州王者ポルトガル代表の絶対的守護神は、いよいよ初の国外挑戦となるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-