マフレズ獲得失敗のアーセナル、ポルトWGに興味も違約金は4600万ユーロと高額に

『A BOLA』

レスターのバーディーやマフレズの獲得に失敗し、WGの代替選手を探すアーセナル。次なる獲得候補は、ポルトのアルジェリア代表ヤシン・ブライミに移ったようだ。

『Sunday Mirror』によると、ベンゲル監督がブライミに興味を抱いており、選手自身も移籍に前向きだという。ただし、ポルトは違約金として4600万ユーロを要求しているため、高額移籍金の支払い可否が交渉の鍵となる。

15-16シーズンには、アーセナルのライバルであるチェルシーとのCL戦で、名手イバノビッチを中心に敵守備陣を大混乱に陥れたポルトのブライミ。その実力は申し分ないが、果たして。

©FutePor -ふとぽる-