U-21ポルトガル代表メンバー23名が発表。リオ五輪招集外のスター選手が大量復帰!

『zerozero.pt』

U-21ポルトガル代表監督ルイ・ジョルジが、U-21歳以下のEURO2017予選イスラエル戦とギリシア戦に臨む代表メンバー23名を発表した。

リオ・オリンピックでは、所属クラブの事情で招集外となった主力選手の多くが復帰。A代表歴もあるルーベン・ネーベスゴンサロ・グエデス、将来のA代表入りが有力視されるアトレティコのディオゴ・ジョッタらがユース代表に舞い戻った。また、リオ・オリンピックを戦った18名の中から10名が選ばれ、10番を背負ったブルーノ・フェルナンデスとグループステージ3戦全発の9番ゴンサロ・パシエンシアらが、引き続き母国を代表して戦う。また、リカルド・オルタアンドレ・オルタの「オルタ兄弟」が揃って選出されるサプライズも見られた。

U-21ポルトガル代表は、9月2日にパソス・デ・フェレイラでイスラエル戦を戦い、6日にバルセロスでギリシアを迎え討つ。

以下、U-21ポルトガル代表メンバー23名
(☆は筆者の独断と偏見による注目選手。数が多いほど要注目。
「リオ」はオリンピック出場メンバー)

GK
アンドレ・モレイラ(アトレティコ・マドリード)
ジョエル・ペレイラ(マンチェスター・ユナイテッド)☆ リオ
ブルーノ・バレーラ(ビトーリア・セトゥバル)☆ リオ

DF
エドガル・イエー(ビジャレアル)☆ リオ
ユリ・ヒベイロ(ベンフィカ)
フェルナンド・フォンセッカ(ポルト)☆ リオ
パウロ・エンリケ(パソス) リオ
ルーベン・セメード(スポルティング)☆
トビアス・フィゲイレード(スポルティング)☆☆ リオ

MF
アンドレ・オルタ(ベンフィカ)☆☆
ディオゴ・ジョッタ(アトレティコ・マドリード)☆☆☆
ブルーノ・フェルナンデス(サンプドリア)☆☆☆ リオ
ルーベン・ネーベス(ポルト)☆☆☆
ジョアン・カルバーリョ(ベンフィカ)
フランシスコ・ジェラウデス(モレイレンセ)
トーマス・ポドスタウスキー(ポルト)☆☆ リオ

FW
ゴンサロ・パシエンシア(アカデミカ)☆☆ リオ
ゴンサロ・グエデス(ベンフィカ)☆☆☆
リカルド・オルタ(ブラガ)☆☆
ジェウソン・マルティンス(スポルティング)☆
シマオンジーニョ(ブラガ)
カルロス・マネー(スポルティング)☆ リオ
イウリ・メデイロス(スポルティング)☆

©FutePor -ふとぽる-