リオ五輪ポルトガル代表のエースが、ブラジルW杯ポルトガル代表監督のもとへ?

『zerozero.pt』

所属するポルトでヌーノ・エスピリト・サント監督の構想には入らないとされるU-21ポルトガル代表FWゴンサロ・パシエンシアに、ギリシア王者オリンピアコスへの移籍の噂が生じている。

『zerozero.pt』によると、すでにポルトとオリンピアコスは基本的合意に到達。1年間のレンタル移籍が有力となっているようだ。

リオ・ オリンピックでは、ポルトガル代表の9番としてグループステージ3戦全試合でゴールを決めたゴンサロ・パシエンシアは、ポルトとの契約を2019年6月まで保持。昨季は2部に降格したアカデミカに貸し出されていた。

オリンピアコスは近年ポルトガル人と親密な関係にあるクラブだ。これまでレオナルド・ジャルディン現モナコ監督やビトール・ペレイラ元フェネルバフチェ監督などが率い、昨季はマルコ・シウバ監督が歴史的なシーズンを送っていた。今季より、ブラジルW杯ポルトガル代表監督パウロ・ベントが指揮官に就任しており、もし移籍が実現すればパシエンシアが重宝される可能性は高い。

©FutePor -ふとぽる-