中盤の主軸連続放出危機のスポルティングがシュバインシュタイガーに興味

『Record』

スポルティングがドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーに興味を寄せている。

32歳のシュバインシュタイガーは今季マンチェスター・ユナイテッドでジョゼ・モウリーニョ監督の構想外とされている。スポルティングは、中盤の主軸であったポルトガル代表10番ジョアン・マリオをインテルに売却し、元イタリア代表アクイラーニも母国へ帰還した。さらにポルトガル代表MFアドリエン・シウバにもレスター移籍の噂が生じていることで、それまで優先獲得候補ではなかったドイツのトップスターへの関心を加速させたという。

マンチェスター・ユナイテッドに留まりたい想いを吐露さシュバインシュタイガーだが、モウリーニョはゼロ円であろうと移籍を容認する意向であるという。果たして、ドイツのレジェンドのポルトガル到来は実現するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-