万年弱小クラブをリーグ5位に導いたポルトガル人指揮官にディナモ・ザグレブが関心

『zerozero.pt』

『Sportske Novosti』によると、ディナモ・ザグレブが新指揮官候補3名をリストアップしており、その一角にアロウカ監督リト・ビディガルの名前が浮上した。

ディナモ・ザグレブは、辞任を表明したクラニチャールの後任監督を探している。『zerozero.pt』は3名の新監督候補の名前を明かしていないが、その中にポルトガル人指揮官の名前が含まれていることを報じた。

リト・ビディガルは、昨季万年降格圏付近を漂う弱小クラブ、アロウカをポルトガルリーグで5位に導いていた。その手腕が評価され、CLの常連クラブからの関心をひいたようだ。

©FutePor -ふとぽる-