レナトに続き史上2人目のポルトガル人?バイエルンが今季大化け有力の17歳FWに興味

『zerozero.pt』

『O JOGO』によると、バイエルン・ミュンヘンがベンフィカに所属するジョゼ・ゴメスを獲得候補リストに掲載しているようだ。

同メディアによると、バイエルンは先日行われたポルトガルリーグのベンフィカ対ブラガ戦にスカウトを派遣。負傷者が続出するため、Bチーム選手ながら出場したジョゼ・ゴメスを視察したようだ。同選手は、主力の負傷離脱を受け、今季すでに2試合のトップチーム経験。バイエルンはそんな17歳のFWを、同じく今夏ベンフィカから獲得した18歳レナト・サンチェスと同様に、自チームで育成したい意向だという。

ジョゼ・ゴメスはベンフィカとの契約を2018年まで保持。違約金は3000万ユーロに設定されている。なお、『O JOGO』は同選手をゴンサロ・グエデスと似た選手と記述している。

©FutePor -ふとぽる-