バレンシア、U-21ポルトガル代表FWに2500万ユーロ用意か。しかしベンフィカも譲らず

『SAPO Desporto』

バレンシアが、ベンフィカのU-21ポルトガル代表FWゴンサロ・グエデスに関心を寄せている。しかし、両クラブの金銭面が交渉の成否を分けそうだ。

『zerozero.pt』によると、バレンシアはポルトガル代表にも選ばれた経歴を持つ注目の若手FWに2500万ユーロを支払う用意をしているという。しかし、ベンフィカは売却をするとしたら冬の移籍市場ではなく、今季終了後。さらに移籍金も3000万ユーロから3500万ユーロほどの金額でなければ売りに出さない姿勢であるようだ。

ゴンサロ・グエデスを狙うクラブは、他にもアトレティコ・マドリードやマンチェスター・ユナイテッドなどが存在。しかし、現在のところバレンシアが競争で優位に立っているようだ。

©FutePor -ふとぽる-