スポルティング期待の若手FWカルロス・マネが2020年まで契約延長。違約金は6000万ユーロにまで高騰

『A BOLA』

スポルティングFWカルロス・マネが、クラブとの契約を2020年6月まで延長した。U-21ポルトガル代表ウイングとして欧州選手権では母国の準優勝に貢献した21歳。これまでは違約金4500万ユーロにて2018年までスポルティングと契約していたが、今回の契約更新よって違約金は6000万ユーロにまで膨れた上がった。

スポルティングのアカデミーで育った根っからのスポルティンギスタは、2013年に現モナコ監督レオナルド・ジャルディンのもとでプロデビュー。これまで62試合に出場し13ゴールを記録している。昨季はマルコ・シウバ現オリンピアコス監督のもとでも、準レギュラーとして出場機会を掴み、今季から就任したジョルジ・ジェズス新監督にも活躍を期待されている。

©FutePor -ふとぽる-