ポルトガル代表最年少ハットなど絶好調のアンドレ・シウバにユベントスが関心

『SAPO Desporto』

ユベントスが、ポルトのポルトガル代表若手FWアンドレ・シウバに関心を寄せている。

先日のロシアW杯予選フェロー諸島戦では、前半だけでハットトリックを決め、ポルトガル代表最年少記録を塗り替えるなど、今季は絶好調のアンドレ・シウバ。ユベントスは、レアル・マドリードへ復帰したモラタの代わりとして、20歳ながらポルトで10番を背負う期待の若手選手の獲得に興味を抱いている。

ただし、イタリア王者は同選手を絶対的エースFWとして迎え入れるのではないようだ。今季は9600万ユーロという歴史的な移籍金でイグアインを獲得しているため、20歳のアンドレ・シウバは将来への投資と見なしているという。

アンドレ・シウバは、今季ポルトで絶対的エースに昇格し、ポルトガル代表でもクリスティアーノ・ロナウドに代わる未来のエースとして期待されている。先日はアーセナルとアトレティコ・マドリードからの関心が伝えられたが、同選手の違約金は6000万ユーロと超高額に設定されており、獲得を狙うクラブにとっては大きな障害となるだろう。

昨季のBチーム所属から恐るべき速度で自身の評価を高めた20歳。さらなるスピードでメガクラブへの階段を駆け上がるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-