チェルシーがスポルティングの若手CBに興味。他にもミランやナポリなど強豪が関心

『O JOGO』

スポルティングでレギュラーを張る若手CBルーベン・セメードにチェルシーが関心を寄せている。『Mundo Deportivo』が報じた。

ジョン・テリーやギャリー・ケーヒル、ダビド・ルイスなど、CB陣の高齢化が進むチェルシーは、22歳と若いポルトガル人CBへの投資を模索しているようだ。

ただし、母国でも期待を集めるルーベン・セメードを狙うのはチェルシーだけではない。他にも、同じくプレミアの強豪エバートンや、セリエAのナポリとミランも同選手に関心を寄せているようだ。

ポルトガル代表CBの高齢化も進む中で、将来の母国を担うと期待されるセメード。早くも欧州のトップクラブへのステップアップを果たすのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-