冬の移籍市場でスペインの強豪2クラブがゴンサロ・グエデスを巡り争奪戦へ

『A BOLA』

アトレティコ・マドリードとバレンシアの2クラブが、冬の移籍市場でベンフィカのU-21ポルトガル代表FWゴンサロ・グエデスの獲得を目指すようだ。

近年、度重なる移籍交渉によりベンフィカと良好な関係を築いている両クラブは、絶対的エースFWジョナスを負傷離脱で失ったチームで、その代わりとして奮闘する若手FWに強い関心を抱いているという。特に、バレンシアは今季開幕前に2000万ユーロ+500万ユーロのボーナスという破格の金額を提示してグエデスの獲得に迫っており、移籍市場が再開したあかつきには再度獲得オファーを提示することが有力視されている。

19歳ながらポルトガルA代表にも選出された過去を持ち、U-21代表でも主力を張るベンフィカ期待の生え抜きであるゴンサロ・グエデス。早くも欧州屈指のメガクラブへとステップアップを果たすのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-