U-21欧州選手権準優勝監督ルイ・ジョルジが2017年まで契約を延長

『A BOLA』

U-21ポルトガル代表監督ルイ・ジョルジが2017年6月までチームを率いることになった。

2015年欧州選手権にて、U-21ポルトガル代表を準優勝に導いたルイ・ジョルジ。その功績が称えられ、ポルトガルサッカー連盟は水曜日、同監督と2017年まで契約延長を果たしたことを発表した。

現在42歳のルイ・ジョルジは2010年9月よりベレネンセス監督からポルトガル代表へ。この契約更新により、2016年リオオリンピックを指揮し、2017年にはU-21欧州選手権に再挑戦することになった。

ちなみに、ルイ・ジョルジは選手としても、かつてポルトやスポルティングなどの強豪クラブに所属。リオ・アベやベレネンセスでもプレーした。

©FutePor -ふとぽる-