元指揮官がポルトで絶好調ディオゴ・ジョッタを絶賛「CR7の後継者になり得る」

『SAPO Desporto』

シャービスを率いる青年監督ジョルジ・シマオンが、昨季パソスを率いた際に指導したディオゴ・ジョッタを「クリスティアーノ・ロナウドの後継者になり得る」と大絶賛した。

シマオンの前任者パウロ・フォンセッカ監督には、「フェルナンド・トーレスのようだ」と例えられたディオゴ・ジョッタ。今季アトレティコ・マドリードからレンタル移籍中のポルトでも、ベンフィカとのクラシコで得点するなど、パソス時代さながら大活躍している。

ジョルジ・シマオンは、『O JOGO』のインタビューに対し、昨季チームで二桁得点を挙げた若きエースの強みについてまず口を開き、パウロ・フォンセッカとは異なる名プレーヤーを挙げて褒め称えた。

「彼の最大の強みは、オープンスペースでゴールに向かってボールを受け、相手を置き去りにできるところだ」

「大胆なことを言っているのは承知だが、クリスティアーノ・ロナウドが引退した後はジョッタが頭角を現すだろう。彼はCR7の後継者になり得る。私は自分の言葉に恐れていない。実現するだろう。彼にはそのポテンシャルがある」

©FutePor -ふとぽる-