元スポルティングGKは招集外のため事故に居合わせず。妻が現在の状況を語る

『maisfutebol』

悲劇的な飛行機事故により、多くの選手が命を失ったシャペコエンセ。かつてスポルティングやマリティモでプレーしたGKマルセロ・ボエックは、招集メンバーに含まれなかったため、事故に居合わせることはなかったようだ。

そんなボエックの現在の状況を妻が語った。妻によると、同選手は「現在選手の家族を支えるためにスタジアムにいる」という。また、「悲劇について語れる状況にはない」ようだ。

©FutePor -ふとぽる-