EL3次予選1stLeg。ともに新監督のもとギマラインスは敗北、ベレネンセスは勝利

『A BOLA』

ビトーリア・ギマラインスとベレネンセスが2015-16シーズン初の公式戦を戦った。EL3次予選1stLegを、ギマラインスはアウェイでオーストリアのアルタッハに1-2で敗北。ベレネンセスはホームでスウェーデンのIFKヨーテボリに2-1で勝利した。

ギマラインスはポルトから加入した新戦力U-21ポルトガル代表FWトゼが、チームを予選敗退の危機から救った。移籍後初ゴールはチームの貴重なアウェイゴールに。2ndLegで逆転するチャンスを広げた。新監督アルマンド・エバンジェリスタも「2ndLegでは良くなかった部分を改善したい」と逆転勝利への意気込みを語った。

ベレネンセスを勝利に導いた新監督サー・ピントは勝利に満足しながらも、「あとひとつふたつのチャンスをモノにできなかったのは残念だ」と、アウェイゴールを浴び相手に逆転の可能性を与えてしまったことを悔やんだ。

©FutePor -ふとぽる-