【全文翻訳】神戸移籍の田中順也が、スポルティングファンにポルトガル語で別れの挨拶

先日、柏レイソルへのレンタル移籍を終え、ヴィッセル神戸への完全移籍が決定したスポルティングの田中順也が、自身のTwitterにてポルトガル語でファンに別れの挨拶を綴った。

計8つのツイートを通じて、田中順也は1年半のポルトガル生活を振り返り、サポートしてくれたファンへ感謝を述べた。

「スポルティングファンの皆様へ

1年半に渡る素晴らしいサポートにとても感謝しています。

あのブラガ戦でのフリーキックからのゴールは、私のキャリアで最高の瞬間でした。

そして、ポルトガルでは貴重な時間を過ごさせてもらいました。リスボンではどこにいても、あなたたちはいつも私にこう言ってくれました。

『タナカは、君はエクセレントな選手だ。頑張れ!』

あなたたちのサポートがなければ、絶対にあの街で心地の良い生活はできませんでした。

あなたたちがくれた全てに、とても感謝しています。ありがとう!

田中順也」

感謝の言葉が綴られた4通のツイートののち、さらに4つのツイートでは、チームメイトとともに映る写真を投稿した。

自身がキャリア最高のゴールと語ったブラガ戦での直接フリーキックを「お前が蹴れ」と譲ってくれたナニ。ウィリアン・カルバーリョカルロス・マネー、そして最後は大親友と言われていたジェフェルソン。

まさに、スポルティングに関わる全てのサポーターと選手たち愛されていたことが分かる一連のツイート。スポルティング初の日本人プレーヤーが1年半のポルトガル生活で得た宝は、ピッチのものだけに限らなかったようだ。

©FutePor -ふとぽる-