ポルトガルメディアが天皇杯決勝弾のファブリシオを紹介「夢のような半年を過ごした」

『Record』

ポルトガル大手メディア『Record』が、ポルティモネンセから鹿島アントラーズへレンタル移籍中で、天皇杯のファイナル川崎フロンターレ戦で決勝点を挙げたファブリシオを紹介した。

同メディアは、同点で迎えた88分に小笠原と交代してピッチに入ったファブリシオが、右足で強烈に沈めたゴールシーンを詳細に描写。加えて、7月に鹿島へ加入したファブリシオが「夢のような6ヶ月を過ごした」と記述した。約半年の期限付きレンタルで加入したJリーグで、リーグ戦と天皇杯を制し、クラブW杯ではレアル・マドリード相手に善戦した栄光の日々を紹介した。

また、ファブリシオのレンタル満了にも言及。ファブリシオが鹿島で「控え選手ながら多く使われた」としたが、「日本メディアによると、Jリーグ王者でプレーを続けることはないだろう」と、天皇杯を制した元旦のレンタル移籍満了に伴い鹿島退団が濃厚なことをを伝えた。また、ファブリシオに続くブラジル人として、鹿島がペドロ・ジュニオールとレオ・シウバを獲得し、パウメイラスのレアンドロとの交渉を続けていることを紹介した。

快進撃を続けた鹿島へのレンタル移籍によって、ポルティモネンセ時代よりも多くポルトガルメディアに頻繁に取り上げられたファブリシオ。日本とポルトガルを騒がせた同選手は、確かな爪痕を残しポルトガルへ帰国することだろう。

©FutePor -ふとぽる-