日本メディアが権田修一の加入を報じたオリャネンセがベンフィカ出身29歳GKを確保へ

『maisfutebol』

ポルトガル2部オリャネンセが、ポルトガル選手権(下位リーグ)のシントレンセに所属する29歳のGKロドルフォ・バラータを獲得したようだ。『maisfutebol』が報じた。

オリャネンセは未だ正式な発表はしていないが、同メディアはロドルフォとクラブが契約を締結したことを報道。ロドルフォは、ベンフィカやベレネンセス、エストリルのユースで過ごしたが、トップチームとしては、ファティマやシントレンセなどポルトガルリーグの下位リーグであるポルトガル選手権に所属しており、ポルトガル2部のクラブでプレーするのは初の経験となるようだ。

オリャネンセは、現在ポルトガル2部で最下位に沈んでいる。経験豊富なGKの獲得を模索しているようで、日本メディアからはSVホルンの元日本代表GK権田修一が移籍する可能性が報じられていた。

29歳のGKと今季末までの契約を結ぶというオリャネンセ。果たして、日本メディアが報じた権田修一の獲得は、このロドルフォの獲得によりかき消されてしまうのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-