現ポルト9番の代理人が日本移籍を調査中?今季末までの短期レンタル移籍を模索か

『O JOGO』

ブラガFWクリスランに続き、ポルトに所属するベルギー代表FWローラン・ドゥポワトルにJリーグ加入の可能性が浮上している。

ベルギーのゲンクでの2年間で、87試合30ゴールと優れた成績を残し、今季鳴り物入りでポルトへ加入したドゥポワトル。しかし、ラダメル・ファルカオやジャクソン・マルティネスらが背負ったエースナンバー9番を与えられながら、20歳のポルトガル代表FWアンドレ・シウバの台頭やポルトガルリーグへの適応問題もあり、ここまで12試合で2ゴールと波に乗れず、ベンチで過ごす日々を送っている。

そんなドゥポワトルがレギュラーとしてプレーできるチームを探すべく、代理人が移籍先を探しており、『O JOGO』によると、現在は日本へ移籍の可能性を調査しているようだ。また、もし移籍が実現すれば、今季末までの短期レンタルになるとのこと。

191センチの大型FWが加入すれば、他のJクラブにとっては大きな脅威になる。具体的なクラブ名は明かされていないが、果たして移籍は実現するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-