シャービスがCBを補強。レアンドロ・フレイレのJリーグ加入の前兆か?

『zerozero.pt』

ポルトガル1部のシャービスが、アメリカはメジャーリーグ・サッカーのスポルティング・カンザスシティから、ポルトガル人CBヌーノ・アンドレ・コエーリョを獲得したことを正式に発表した。

ヌーノ・アンドレ・コエーリョは、かつてポルトやブラガ、スポルティングなど国内の強豪クラブのほか、トルコやベルギーでもプレーした経歴を持つ31歳のベテランCB。シャービスとは今季末までの契約を締結した。

『zerozero.pt』は、移籍が正式に決定する前に、シャービスがJリーグ加入の噂が報じられたブラジル人CBレアンドロ・フレイレ退団の穴埋めとして、ヌーノ・アンドレ・コエーリョを獲得しようとしていることを示唆していた。

同選手のシャービス加入により、50万ユーロとされる移籍金で、レアンドロ・フレイレの移籍が加速するのかもしれない。報道通り、フレイレのJリーグ加入は実現するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-