ベンフィカがソルダードに関心。バレンシア時代にはジョナスと名コンビで113ゴールを計上

『O JOGO』

ベンフィカが、アル・アハリに移籍したエース、リマの後継者として、トッテナムに所属するロベルト・ソルダードの獲得に興味を抱いている。ルイ・ビトーリア新監督は、最前線のポジションに補強の必要性を感じており、クラブが30歳のスペイン人FWに白羽の矢を立てたようだ。

ベンフィカとソルダードという2つのキーワードを結ぶ存在が、現ベンフィカエース、ジョナスであろう。昨季はチームを離脱したリマとツートップを形成し、2人で50ゴールを記録していた。ソルダードの移籍が実現すれば新たな名コンビがベンフィカに誕生する。と言うのも、ソルダードとジョナスのコンビは、バレンシア時代の2年半で計113ゴールを記録した過去がある。

ブラジル人FWジョナスが2011年1月にバレンシアへ入団したシーズンに、両者は計18ゴール(ソルダードが15点、ジョナスが3点)を計上した。初めて両者揃ってのフルシーズンとなった2011-12季には、合計46ゴール(ソルダードが27点、ジョナスが19点)を記録。そして、両者が共に過ごした最後の1年には、49ゴール(ソルダードが30点、ジョナスが19点)を記録したが、これは昨季のリマ&ジョナスホットラインにわずか1ゴール及ばなかったにすぎない。

リマ&ジョナスの強力ツートップを失ったベンフィカ。果たして、ソルダード&ジョナスのバレンシア名コンビがポルトガルで復活し、ベンフィカの得点ラッシュを支えることになるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-