レアンドロ・フレイレ本人が明言!「日本の清水に行く」シャービスへの別れの挨拶も

『maisfutebol』

2-0の勝利にフル出場で貢献したナシオナル戦後、シャービスのブラジル人CBレアンドロ・フレイレがインタビューに応じ、日本の清水エスパルスへの移籍を明言した。また、半年間を過ごしたシャービスへの別れともとれる言葉を残した。

「常にポジティブな結果を残せるよう、シーズンを通じてチームとして取り組んできた。リーグでは6位に到達でき、目標としていた勝ち点40との距離を縮めることもできた。チームはとてもよくプレーしている。それこそが重要なことなんだ」

「ここは僕にとって、素晴らしいホームだ。僕を受け入れてくれた全員に感謝したい。サポーター、クラブ、そして選手たちからも愛情を感じている。素晴らしいグループであり、こんなにもいいチームは僕のキャリアで見たことがなかった。シャービスを応援し続けるよ。未来は神だけが知っているけれど、いつの日か戻ってきたい」

「僕は日本の清水でプレーする」

連日の報道通り、ついに清水エスパルスへの移籍を明言したレアンドロ・フレイレ。シャービスでのおそらく最終戦を終え、いよいよチームのディフェンスリーダーが来日する。

©FutePor -ふとぽる-