ファブリシオが復帰後初フル出場で4試合ぶりの勝利に貢献。2位アービスは4戦勝ちなしで監督解任

大雪のため延期となっていたポルトガル2部リーグ、ポルティモネンセ対ビトーリア・ギマラインスBの一戦が行われ、ポルティモネンセが1-0で勝利した。

3試合未勝利と調子を崩すポルティモネンセは、この冬鹿島アントラーズへのレンタルから復帰したファブリシオをツートップの一角としてスタメンに抜擢。69分にピレスのゴールで先制し、1点を守りきった。惜しいシュートを放つなど攻撃面で輝いたファブリシオは復帰後初のフル出場。チームの4試合ぶりの勝利に貢献した。

首位ポルティモネンセは、勝ち点を60に伸ばし、消化試合が1試合少ないながら、同日ジウ・ビセンテと引き分けた2位アービスとの勝ち点差を7に広げた。アービスはこの日、4試合勝ち星から見放されている監督イボ・ビエイラを解任するなど、チーム状態は芳しくない。ファブリシオの復帰とともにチーム状態を上げてきたポルティモネンセが、1部昇格に向け順調にライバルを引き離している。

第27節時点 ポルトガル2部リーグ順位表
1位 ポルティモネンセ 60
2位 アービス 53
—昇格ライン—
3位 バルジン 44
4位 サンタ・クラーラ 42
5位 アカデミカ 41

©FutePor -ふとぽる-