スポルティングがシャルケのボアテングに関心。高額年棒がネックに

『A BOLA』

シャルケでポジションを失ったMFケビン・プリンス・ボアテングが、次なるクラブ探しに迫られている。そこで新たな移籍先に浮上したのがスポルティングだ。

チームの主軸MFウィリアン・カルバーリョの負傷離脱を受け、スポルティングは中盤の補強を模索している。所属チームで戦力外となっているボアテングの名が浮上したが、その年棒がスポルティングにとってネックとなっている。750万ユーロの年棒はスポルティングには高額過ぎるようだ。

©FutePor -ふとぽる-