レアルがぺぺの後釜としてポルトCBに興味。実現すればまたも「大儲け」に

『SAPO Desporto』

レアル・マドリードが、ポルトに所属するブラジル人CBフェリペに関心を寄せているようだ。

『O JOGO』によると、レアルは、今季限りで契約を終えるポルトガル代表CBぺぺに代わる存在として、フェリペの獲得に興味を抱いている。同選手の代理人はすでにレアル側と会話の場を設けており、ジネディーヌ・ジダン監督にも、スカウトが選手の特徴を網羅した報告書が上がっているという。レアルは、2月にフェリペの視察にスカウトを送り込み、それ以来同選手への関心を持つようになったようだ。

今季コリンチャンスからポルトへ加入したフェリペは、ここまでチームの守備の要として、リーグ2位に貢献。加入した際の移籍金は620万ユーロであったが、現在クラブは違約金を5000万ユーロに設定しており、交渉次第では、売買上手なポルトがまたも大金を得る可能性がある。

©FutePor -ふとぽる-