クリスティアーノ・ロナウド、未来の代表エースFWの獲得をクラブ会長に提言か

『SAPO Desporto』

レアル・マドリードに所属するクリスティアーノ・ロナウドが、ポルトガル代表のチームメイトの加入を望んでいるようだ。

『A BOLA』によると、クリスティアーノ・ロナウドは、ポルトで10番を背負う21歳の若手FWアンドレ・シウバの獲得を、フロレンティーノ・ペレス会長に提言したようだ。同選手は、サポーターから満足されていないカリム・ベンゼマに代わる選手として、度々レアル移籍が報じられており、昨夏には移籍に関してレアルと個人合意に達したという報道もされていた。

アンドレ・シウバは、今季よりポルトのAチームに定着し、いきなり10番を背負ってチームのエースとして活躍。ここまで35試合に出場して20ゴールを記録している。また、今季デビューしたポルトガル代表でもワントップとして定着し始め、すでにハットトリックを記録するなど、将来のエース候補として注目されている。

©FutePor -ふとぽる-