ポルト、38試合8得点ディオゴ・ジョッタのレンタル延長を打診へ。シメオネの決断が鍵に

『SAPO Desporto』

ポルトがアトレティコ・マドリードからレンタルしているU-21ポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタのレンタル延長を検討しているようだ。

昨季、パソス・デ・フェレイラからアトレティコへ移籍したジョッタは、シーズン開幕前にポルトへレンタル移籍。シーズン前半戦は、アンドレ・シウバと組んだ2トップなどでアシストを量産する活躍。ポルトのポルトガル人としては最年少でのハットトリックも記録した。後半戦こそ、新加入チキーニョ・ソアレスにポジションを奪われたが、途中出場から絶えず結果を残し続け、直近の6試合も2ゴール1アシストと控え選手としては十分な成績を残している。

ポルトは、そんなジョッタを来季もチームに残したいと考えており、2200万ユーロという高額な買い取りオプションを行使する経済的な余裕がないことから、アトレティコにもう1年のレンタル延長を申し込む意向だという。

もし、アトレティコのシメオネ監督が同選手の復帰を望めば、ポルトの願いは叶わない。しかし、ジョッタ本人がシメオネ監督からの信頼を得ることを難しく感じ、出場機会を求めてポルトへの残留を希望すれば、もう1年の残留は実現するだろう。シメオネ監督の決断が、ポルトとジョッタの運命を握っている。

今季はアシストだけでなく、38試合で8ゴールを記録するなど、その得点力を十分に見せつけている20歳のディオゴ・ジョッタ。多くのポルトガル国民は、母国期待の若手選手の残留を望んでいることだろう。

©FutePor -ふとぽる-