ギマラインスが4位を確定で来季のEL出場権を獲得。9年ぶりにライバルを上回る快挙!

『O JOGO』

北部の強豪ビトーリア・ギマラインスが、リーグ4位以上を確定させ、EL出場権を獲得した。

ポルトガルリーグ第32節、5位ブラガがモレイレンセに敗れ、ギマラインスとの勝ち点差が残り2節で8となったため、ギマラインスの4位以上が決定。ギマラインスは、リーグ3位となった歴史的な2007-08シーズン以来、実に9年ぶりに、ポルトガル北部の覇権を争うライバルであるブラガを上回った。

2014-15シーズンは、ルイ・ビトーリアに率いられリーグ5位を達成したが、翌年同監督がベンフィカに引き抜かれ、後を継いだアルマンド・エバンジェリスタがチームを降格圏に沈め、同監督も途中解任。国内屈指の名将セルジオ・コンセイサオン(現ナント監督)が何とか10位まで立て直していた。今季は、リオ・アベから招聘したペドロ・マルティンスがチームの復興に努め、監督交代がされなかった5チームの一角として、3強に迫るチームを築き上げた。

3位スポルティングとの勝ち点差は8のため、ギマラインスが3位に上がる条件は、残り3試合を全勝し、スポルティングが全敗することであり、今季は4位が濃厚に。来季はELに出場しながら、今季叶わなかったリーグ3位以上に挑む。

©FutePor -ふとぽる-