ポルト、ヌーノ・エスピリト・サントの解任を発表。新監督候補には5名の名が

ポルトが、ヌーノ・エスピリト・サント監督の解任を正式に発表した。

昨季フレン・ロペテギを途中解任し、その後チームを託したジョゼ・ペゼイロとも契約を解除し、今季よりクラブの元GKであるヌーノ・エスピリト・サントを招聘したポルトだが、わずか1年で再び監督交代を敢行した。

ヌーノ・エスピリト・サントに率いられた今季のポルトは、ポルトガルカップでは4回戦で格下シャービスに敗れ、リーグカップではまさかのグループリーグ敗退を喫していた。2012-13シーズンぶりのタイトルを目指したリーグ戦でも、クラブ史上最悪となる4試合スコアレスドローを含め、格下相手の引き分けが相次ぎ、勝率はモウリーニョが去った2004-05以来最悪となる55.1%を記録していた。

ポルトガルメディアが報じた新監督候補には、5名の名前が浮上し、『Maisfutebol』は読者に人気投票を実施。1番人気は、ハル・シティのマルコ・シウバ、次いで、フィオレンティーナのパウロ・ソウザ、スポルティングのジョルジ・ジェズス、ナントのセルジオ・コンセイサオン、そして、最後にギマラインスを4位に導いたペドロ・マルティンスとなった。

2012-13シーズンにビトール・ペレイラがリーグを制覇してから、パウロ・フォンセッカ、フレン・ロペテギ、そして今回のエスピリト・サントと、短期政権が続くポルト。タイトル奪還とチームの安定のためにも、次の監督には長期政権を任せられる人物を選びたいところだ。

©FutePor -ふとぽる-