U-21ポルトガル代表が「暫定」25名を発表!レナトら招集の最強メンバーで念願のEURO2017優勝へ!

U-21ポルトガル代表ルイ・ジョルジが、EURO2017に向けた「暫定」代表メンバー25名を発表した。

最大のサプライズとなったのは、EURO2016にフル代表の一角として出場し、史上最年少で優勝メンバーとなったレナト・サンチェス(バイエルン)の招集。同日発表されたコンフェデレーションズカップに臨むフル代表から同じく漏れたジョアン・カンセーロ(バレンシア)とともに、1つ下のレベルでプレーすることとなった。

彼らフル代表を経験したメンバーのリスト入りは、念願の優勝を狙うU-21代表にとっては願ってもいなかった幸運だ。前回のEURO2015では、同日コンフェデ杯メンバーに選ばれた前回大会MVPウィリアン・カルバーリョ(スポルティング)やベストイレブンのベルナルド・シウバ(モナコ)、ラファエル・ゲヘイロ(ドルトムント)らを擁しながら、惜しくも準優勝に終わっていた。

今回は、前述のレナト・サンチェスやジョアン・カンセーロに加え、フル代表経験のあるゴンサロ・グエデス(パリ・サンジェルマン)やルーベン・ネーベス(ポルト)、リオ・オリンピック10番ブルーノ・フェルナンデス(サンプドリア)や同大会のチーム得点王ゴンサロ・パシエンシア(リオ・アベ)らもメンバー入り。他にも、ジョゼ・モウリーニョが期待を寄せてるGKジョエル・ペレイラ(マンチェスター・ユナイテッド)に、今季の国内リーグでますます株を上げたスポルティングCBルーベン・セメード、ポルトFWディオゴ・ジョッタ、ブラガFWリカルド・オルタら、数えればキリがないほど、注目の若手選手が出揃った。まさに史上最強メンバーと言っても過言ではない、死角のない布陣となった。

グループBに所属するU-21ポルトガル代表は、6月17日に初戦のセルビア戦を戦い、20日には最大のライバルであるスペイン、そして23日にはマケドニアと対戦する。なお、大会規定のメンバーは23名であるため、この25人の中から2人が、6日に招集外となり、選ばれし23名で念願のEURO制覇へ挑むこととなる。

以下、U-21ポルトガル代表暫定メンバー25名
(☆は筆者の独断と偏見による注目選手。五輪マークはリオ・オリンピックメンバー)

GK
ミゲウ・シウバ(ビトーリア・ギマラインス)
ブルーノ・バレーラ(ビトーリア・セトゥバル)☆五輪
ジョエル・ペレイラ(マンチェスター・ユナイテッド)☆五輪

DF
ペドロ・ヘボッショ(モレイレンセ)
ルーベン・セメード(スポルティング)☆☆
フェルナンド・フォンセッカ(ポルト)☆五輪
トビアス・フィゲイレード(ナシオナル)☆五輪
エドガル・イエー(ベレネンセス)☆五輪
ケビン・ロドリゲス(レアル・ソシエダ)
ジョアン・カンセーロ(バレンシア)☆☆☆

MF
ルーベン・ネーベス(ポルト)☆☆☆
フランシスコ・ラモス(ポルト)五輪
トーマス・ポドスタウスキー(ポルト)☆五輪
ジョアン・カルバーリョ(ビトーリア・セトゥバル)
フランシスコ・ジェラウデス(スポルティング)
ロニー・ロペス(リール)☆
ブルーノ・フェルナンデス(サンプドリア)☆☆☆五輪
レナト・サンチェス(バイエルン)☆☆☆

FW
ディオゴ・ジョッタ(ポルト)☆☆☆
ダニエル・ポデンセ(スポルティング)
リカルド・オルタ(ブラガ)☆☆
イウリ・メデイロス(ボアビスタ)☆
ゴンサロ・パシエンシア(リオ・アベ)☆☆五輪
ブルマ(ガラタサライ)☆
ゴンサロ・グエデス(パリ・サンジェルマン)☆☆☆

©FutePor -ふとぽる-