元チェルシーFWデンバ・バがポルトガル移籍か。10年ぶり2部復帰の弱小クラブ移籍の訳とは?

『O JOGO』

ポルトガルに大ニュースが届いた。

かつて、ウェストハムやニューカッスルでプレーし、チェルシーのFWとしても活躍した元セネガル代表デンバ・バに、ポルトガルリーグ移籍の噂が浮上した。

デンバ・バの移籍先として報じられたのは、ベンフィカでもポルトでもスポルティングでもなく、今季2部で2位に輝き、10年ぶりに1部へ復帰したアービス。デンバ・バが現在所属する中国の上海申花が、若手の育成やアカデミーの創設などでアービスとパートナーシップを結んでいるため、カルロス・テベスの陰で出場機会に苦しむデンバ・バをレンタルでポルトガルへ貸し出す話が持ち上がったようだ。

さらに、ポルトガル2部レベルのアービスが400万ユーロという桁外れの年俸を払えるはずがないが、上海申花がその全額を支払う約束をしているという。

両クラブは長らく交渉を続け、すでにクラブ間合意に達しており、残すは選手本人の意思だけであるようだ。しかし、ポルトガルメディアはそれこそが最も困難なことと報じており、欧州のトップクラブでプレーしてきたデンバ・バが、ポルトガルリーグで残留を目標に戦うであろうアービスへの移籍を決断するかどうかに、このビッグディールの実現がかかっている。

©FutePor -ふとぽる-