リオ五輪で日本に4点を叩き込んだエテボにフランスの名門が興味

『O JOGO』

ポルトガル1部フェイレンセに所属するナイジェリア人FWエテボ・オグヘネカロに、フランスの名門リヨンが興味を抱いているようだ。

リオ・オリンピックでは、ナイジェリア代表として日本相手に衝撃の4ゴールを決めたことが記憶に新しいこのエテボ。リヨンは同選手の視察のため、ナイジェリア対南アフリカの一戦にスカウトを派遣したという。

エテボが所属するフェイレンセは、今季の2部からの昇格組では最も優れ、1部リーグで8位と大躍進を遂げた。エテボもチームの主力のひとりとして、28試合で4ゴールを記録している。

『O JOGO』によると、いまだ具体的なオファーには至っていないというが、果たして日本の天敵の移籍のゆくえやいかに。

©FutePor -ふとぽる-