スポルティング、U-21代表10番の獲得を発表!違約金はクラブ史上最高の1億ユーロ

『O JOGO』

スポルティングが、サンプドリアのブルーノ・フェルナンデスを獲得したことを正式に発表した。

スポルティングは、U-21ポルトガル代表で10番を背負い、将来を期待されている同選手と5年契約を締結。移籍金は、850万ユーロと50万ユーロの変動額となった。また、同選手に設定された違約金はクラブ史上最高額である1億ユーロに。現在、クラブで最高額の違約金をつけるポルトガル代表FWジェウソン・マルティンスの6000万ユーロを大きく上回った。

ポルトガルでプロとしてプレーした経歴はなく、若い頃からノバーラ、ウディネーゼ、サンプドリアなどイタリアのクラブを転々としてきたブルーノ・フェルナンデス。昨季リーグ3位に終わったスポルティングは、念願のタイトル奪取に向けて、異色のキャリアを持つ22歳をキープレーヤーとして確保した。

©FutePor -ふとぽる-