16-17ポルトガルリーグ各種賞が発表。王者ベンフィカとポルティモネンセが独占!

『O JOGO』

ポルトガルリーグが、2016-17シーズンの各種賞を発表。1部、2部ともに、王者が賞を独占する形となった。

1部では、最優秀若手選手、最優秀GK、最優秀監督、最優秀選手が王者ベンフィカから選出。2部では、最優秀若手選手以外の賞を王者ポルティモネンセが独占した。

最優秀監督は、2年連続で同じ顔ぶれに。1部ではベンフィカのルイ・ビトーリア、2部では昨季シャービスで最優秀監督賞を受賞した「昇格王」ことビトール・オリベイラが、今回はポルティモネンセ監督として選出された。

1部の最優秀選手は、5年連続でベンフィカから選出。ネマニャ・マティッチ(現チェルシー)、エンゾ・ペレス(現リーベルプレート)、ジョナス(現ベンフィカ、2年連続)に続き、キャリアハイのシーズンを送ったピッツィがリーグMVPの名誉を獲得した。

以下、2016-17ポルトガルリーグ各種賞

<1部>
・最優秀若手選手
ネウソン・セメード(ベンフィカ)

・最優秀GK
エデルソン・モラエス(ベンフィカ→マンチェスター・シティ)

・得点王
バス・ドスト(スポルティング)

・最優秀監督
ルイ・ビトーリア(ベンフィカ)

・最優秀選手
ピッツィ(ベンフィカ)

・ベストゴール
サウバドール・アグラ(ナシオナル→ベンフィカ)

<2部>
・最優秀若手選手
ルイ・コスタ(バルジン)

・最優秀GK
リカルド・フェレイラ(ポルティモネンセ)

・得点王
ピレス(ポルティモネンセ)

・最優秀監督
ビトール・オリベイラ(ポルティモネンセ)

・最優秀選手
パウリーニョ(ポルティモネンセ)

©FutePor -ふとぽる-