ベンフィカの移籍金額が1億ユーロを突破!ローマを抑え今夏の移籍市場でトップに

『Record』

ベンフィカが、今夏の移籍市場で最も多くの移籍金を生み出したクラブとなった。

先日、ネウソン・セメードを3000万ユーロでバルセロナに売却したことで、ベンフィカが生み出した移籍金額は、1億ユーロの大台を突破し、1億1180万ユーロに。日本円にして、約145億円(1ユーロ130円換算)を生み出したことになる。

この夏に多くの選手をヨーロッパのトップクラブに送り込んでいるベンフィカ。セメードの他にも、エデルソン・モラエスを4000万ユーロでマンチェスター・シティに、ビクトル・リンデロフを3500万ユーロでマンチェスター・ユナイテッドへ移籍させていた。

ちなみに、移籍金額でベンフィカに次ぐ2位は、モハメド・サラーをリバプールに売却するなどしたローマの約1億800万ユーロ、3位は、ロメル・ルカクを8400万ユーロでユナイテッドへ移籍させたエバートンの1億600万ユーロとなっており、1億100万ユーロで4位のリヨンまでが、ここまで1億ユーロの大台を突破したクラブとなっている。

©FutePor -ふとぽる-