招集が期待された2人は選外に。サントス監督「ブルーノとリカルドは私のリストに入っている」

『O JOGO』

ロシアW杯予選フェロー諸島戦およびハンガリー戦に臨むメンバーを発表したポルトガル代表。招集が期待されていたブルーノ・フェルナンデスリカルド・ペレイラの2選手は選外となったが、フェルナンド・サントス監督は、両選手には引き続き注目していることを明言した。

今季より加入したスポルティングで衝撃のミドルシュートを1試合に2本沈めるなど、フル代表初選出が期待されたリオ五輪代表10番ブルーノ・フェルナンデス。そして、フランスで評価を高め、今季よりポルトにレンタルバックしたリカルド・ペレイラ。2人は、ポルトガルリーグで開幕から好調を維持し、代表招集が期待されていた。

「ブルーノ・フェルナンデスとリカルド・ペレイラは、私のリストに入っている。彼らは代表のドアが開かれた選手であり、ドアが開いている限り入ることができる。(サプライズ招集されたGK)ブルーノ・バレーラは長らくドアが開かれており、ついに代表に入った」

今回は選外となったブルーノ・フェルナンデスとリカルド・ペレイラだが、今後も国内リーグで好調を維持すれば、代表入りも現実味を帯びてくることだろう。

©FutePor -ふとぽる-