ポルティモネンセ、新戦力中島翔哉をお披露目!保有権の20%を保持するレンタル移籍

ポルトガル1部ポルティモネンセが、FC東京から中島翔哉が加入することを正式に発表した。

ポルティモネンセは、2人の新戦力がユニフォームを着用した姿をお披露目。中島翔哉と、バルセロナのカンテラ出身のMFオリオル・ロセルをスポルティングからレンタルで獲得したことを発表した。

クラブホームページによると、中島翔哉は、今季末までのレンタル移籍となる。ポルティモネンセは保有権の20%を保持し、シーズン終了後に残り80%を買取るオプションが付けられた。「Record」などポルトガル主要メディアは、すでに4年間の契約を締結したことを報じた。また、クラブは中島の加入に際し、同選手がリオ・オリンピックと2011年のU-17W杯に出場していたことを紹介した。

いよいよ正式に決定した中島翔哉の移籍。スポルティングのロセルとともにお披露目されるなど、注目度の高い発表となったに違いない。

©FutePor -ふとぽる-