2ゴールの中島翔哉に対する現地評価(2/2) 「ショーヤ、いやショーだ」

『maisfutebol』

ポルトガルリーグ第6節フェイレンセ戦で、移籍後初ゴールを含む衝撃の2ゴールを決めたポルティモネンセ中島翔哉。現地メディアは彼の活躍をどのように報じたのか。

デジタルメディアに強い『maisfutebol』は、試合で最も目立った選手として中島翔哉の名前を挙げ、下記のように評価した。

「ショーヤ。いやショーというべきか。日本のオリンピック代表選手で、東京からやってきた23歳のFW、164センチの混じりっけのない才能は、2ゴールを記録し、3点目も間近であった。FC東京から加入した際の契約期間である4年間もポルティモネンセにはいないことは確実だろう。この日本人は技術に優れ、才能があり、スピードに優れ、セットプレーにおいても危険な存在であった。極め付けは、彼の2ゴール目。羽のように軽い繊細なタッチで、ボールをゴールキーパーから遠ざけた。54分にはエリアの端からのシュートで3点目に間近であった。ベンフィカ戦に続くパフォーマンスで、試合を完成させた」

中島翔哉の繊細かつ豪快なプレーは、すでにポルトガルメディアを虜にしているようだ。

記事中に紹介された2点目、および、ハットトリック間近となったシュートは、下記のハイライトよりご覧ください。

©FutePor -ふとぽる-