ポルトガル代表が2017年10月のメンバーを発表!若手選手にW杯ストレートインを託す

ポルトガル代表監督フェルナンド・サントスが、ロシアW杯に向けたヨーロッパ予選の最終試合、アンドラ戦およびスイス戦に向けた代表メンバーを発表した。

W杯にストレートインとなるグループ首位奪取に向け、勝利が必須となるスイスとの大一番が控える中、フェルナンド・サントスは、移籍により出場機会を取り戻した若手選手に運命を託した。バイエルンでベンチに座る日々が続いたことでU-21代表へ降格となっていたレナト・サンチェスと、パリ・サンジェルマンを退団したゴンサロ・グエデスの2人のヤングスターが、それぞれ移籍先のスウォンジーとバレンシアでゲーム感を取り戻したことで、フル代表へ復帰。また、バルセロナへ移籍したネウソン・セメードが累積出場停止を終え復帰し(ジョアン・カンセーロが選外に)、スポルティングで好調を維持するブルーノ・フェルナンデスも再度招集されるなど、期待の若手選手がリストに名を連ねた。

一方で、前回2年ぶりの代表復帰を果たしたファビオ・コエントランは招集外に。また、スポルティングからレスターへ移籍するも選手登録が未だ認められずにいるアドリエン・シウバも招集を見送られた。

ポルトガル代表は、10月7日にアウェイでアンドラと戦い、10日には代表にとって縁起の良いルス・スタジアムでスイスとの大一番に挑む。現在ポルトガルは勝ち点21でグループ2位。首位スイスとは同3差であるため、この2連戦はともに勝利で終わりたい。

以下、2017年10月のポルトガル代表メンバー(☆印はサプライズ選出)

GK
ルイ・パトリシオ(スポルティング)
ベト(ギョズテペ)
アントニー・ロペス(リヨン)

DF
セドリック・ソアレス(サウサンプトン)
ネウソン・セメード(バルセロナ)
ジョゼ・フォンテ(ウェストハム)
ぺぺ(ベシクタシュ)
ブルーノ・アウベス(レンジャーズ)
アントゥヌス(ヘタフェ)
ルイス・ネト(フェネルバフチェ)
エリゼウ(ベンフィカ)

MF
ウィリアン・カルバーリョ(スポルティング)
ブルーノ・フェルナンデス(スポルティング)
ダニーロ・ペレイラ(ポルト)
アンドレ・ゴメス(バルセロナ)
ジョアン・マリオ(インテル)
ジョアン・モウティーニョ(モナコ)
レナト・サンチェス(スウォンジー)

FW
ベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ)
リカルド・クアレスマ(ベシクタシュ)
ジェウソン・マルティンス(スポルティング)
アンドレ・シウバ(ミラン)
クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
エデル(ロコモティフ・モスクワ)
ゴンサロ・グエデス(バレンシア)

©FutePor -ふとぽる-