強豪スポルティングに完敗も中島翔哉を現地地メディアが好評価「ポルティモネンセでベスト」

『SAPO Desporto』

ポルトガルリーグ第15節、ポルティモネンセはスポルティングのホームで2-0の完敗を喫した。ゴールが期待された中島翔哉も得点を挙げることができなかったが、ポルトガルメディア『SAPO Desporto』は、中島を「ポルティモネンセでベスト」と評価した。

同メディアは、「対ポルティモネンセ戦におけるスポルティングの勝利を分析」と題した記事で、ポルティモネンセ中島翔哉を、スポルティングのポルトガル代表FWジェウソン・マルティンスらとならんで「優れたパフォーマンスを発揮した選手」に選定した。

「ポルティモネンセでベスト。日本人ウィンガーはポルトガルサッカー界に自身のクオリティを引き続き示し、最も敵のバランスを崩し、ポルティモネンセを前に推し進めるひとりであった」

残念ながら強敵相手に大番狂わせとはいかなかった中島だが、これまでと変わらず、毎試合自身の評価を高め続けている。

©FutePor -ふとぽる-