ポルティモネンセ中島、将来の希望を明かす「ポルトでプレーしたい」

『zerozero.pt』

ドイツ1部クラブから800万ユーロのオファーが届いたというポルティモネンセ中島翔哉が、ポルトガルメディア『O JOGO』のインタビューに対して、将来望む移籍先とポルトガルリーグへの適応について語った。

(以下、中島のコメントは、ポルトガルメディアの報道を日本語訳したもの)

「ポルトのサッカーはすごく好きだ。前から好きだったたけど、今ではその想いは確信に変わった。ポルト、ベンフィカ、スポルティングの3強は世界中で尊敬されていて、どれもクオリティの高いチームだけど、この3チームの中では、特にポルトの特徴・スタイルが好みだ。もし、将来チャンスがあればポルトでプレーしたい」

「ポルトガルリーグは、僕の特徴によく合うリーグだ。だから、いつもチームを助けるためのゴールをたくさんあげられると思っていた。でも正直言うと、今のようにシーズン前半の早いうちに、こんなにも早く適応できるとは思っていなかった」

ポルトとのリーグ戦では、世界的名手イケル・カシージャスからゴールを奪うなどポルトガルを席巻している中島。自身の希望通り、国内3強、特にポルトからのオファーは届くだろうか。

©FutePor -ふとぽる-